分離職人 破袋分別機

分離職人「破袋分別機」

定価:オープン

販売価格:お見積りにて

お問い合わせ・お見積り依頼をする

テレビでも紹介された”分離職人”の「破袋分別機」は、大量のゴミを短時間で「包装資材・容器」と「中身」に分別・粉砕できます。

例えば、賞味・消費期限切れの冷凍スパゲッティを、「破袋分別機」に投入すると、粉砕された”容器”と”スパゲッティ”がそれぞれ別の排出口から出てきます。

特徴

  • 分別精度は、99.6~99.9パーセントを実現
  • 粉砕・洗浄・分別ができる

破袋分別の例

操作方法は簡単です。

図

ゴミを投入口に入れれば、受容器から「梱包資材・容器」、排出口から「中身」が出てきます。

冷凍食品

菓子・ゆでうどん・ソース・レトルトパウチ

大袋投入

異物除去

他にも、可燃ゴミ、麺類、クッキー類、粉末スープ、アイスクリームなど、さまざまな種類のモノを分別・粉砕できます。

破袋分別によるメリット

・リサイクル
普通、生ゴミを廃棄物として出すと、ほとんどが焼却処分されます。
破袋分別機を使って、「生ゴミ」と「包装・容器」を分別することで、生ゴミを堆肥・肥料・メタンガス化として再資源化できます。

・処理コストの削減
ゴミを破砕・粉砕することで、量(体積)が減り、処理コストを削減できます。

・人件費の削減
賞味・消費期限切れの食品や残飯など、一つ一つ手で行っていた選別作業を自動化することで、作業時間が短縮され、人件費も削減できます。

破袋分別機の仕様

型式 モーター 毎時能力(最大) 寸法 重量
M042 200V 0.4kw 0.4立法メートル 625 × 850 × 700mm 85kg
M155 200V 1.5kw 1立法メートル 610 × 1080 × 770mm 100kg
M371 200V 3.7kw 2立法メートル 760 × 1600 × 1295mm 360kg
M552 200V 5.5kw 4立法メートル 990 × 2130 × 1400mm 360kg
  • M042
    M042
  • M155
    M155
  • M371
    M371
  • M552
    M552

お問い合わせ・お見積り依頼をする

© 2015-2019 アイニチ株式会社