カンプレッサー5P

カンプレッサー5P

参考価格:¥1,900,000-

販売価格:無料お見積りにて

お問い合わせ・お見積り依頼をする

特徴

「一度に、たくさんのペットボトルをブロック状にしたい。」なら、こちらの商品がおすすめです。

ペットボトルの処理能力は約80kg/時

カンプレッサー2P』と比べて、ペットボトルをブロック状にする処理能力は、「1時間に約30kg」から「1時間に約80kg」なりました。

その他の特徴

  • 面圧(1平方メートルあたりの加圧力)が高いので、ブロック状にした後の容積が小さくなります。
  • ブロック状にした後にペットボトルが崩れないように、ひも掛け(梱包)機能があります。
  • ブロック状にした空き缶は、ペダルを踏むことで、簡単に取り出すことができます。
  • 圧縮時に排出される空き缶の残液は、本体に内蔵された受け皿に溜まります。
  • キャスターで移動が楽にできます。

ブロック状にした後は、「もっぱら物」として売却

資源として有価売却が可能な「再生目的の廃棄物」を指します。
”もっぱら物”は法令(廃棄物処理法)で定義されており、現在は「古繊維」「古紙」「鉄等の金属類」「空き瓶等のガラス屑」の4種類が”もっぱら物”として定義されています。
「もっぱら物」を含む法令(廃棄物処理法)の詳細については、お手数ですが最寄りの役所等でご確認下さい。(地域により微妙に異なる部分があるため)

使い方

ペットボトルをブロック状にしている様子

  1. 投入口を開けて、ペットボトルを入れます。
  2. 投入口を閉じて、圧縮を開始するスイッチを押します
  3. 45~52秒で1回目の圧縮処理は完了します。
  4. 投入口を開けて、圧縮物は取り出さずに、残りのペットボトル入れます。
  5. 投入口を閉じて、圧縮を開始するスイッチを押します
  6. 2回目の圧縮処理が完了したら、ペットボトル投入前にセットしておいたひもを結びます。余った部分はカットします。
  7. 最後は、バールを使って取り出します。

一斗缶を圧縮している様子

ペール缶を圧縮している様子

実際に、スタッフがカンプレッサー5Pを見てきました

カンプレッサー5P
カンプレッサー5Pの商品デモの様子を見る

カンプレッサー5Pの仕様
圧縮方式・圧縮力 油圧式・18トン
対象物 飲料用、スプレー缶、缶詰、一号缶、一斗缶、ペットボトル、紙パック、ビニールなど
最大投入量 飲料缶:250個
一斗缶:4本
選別機能 なし
圧縮時間 54秒(50Hz)/1回
45秒(60Hz)/1回
処理能力アルミ缶 約100kg/時
スチール缶 約260kg/時
一斗缶 約180kg/時
ペットボトル 約80kg/時
ビニール類 約145kg/時
圧縮物
寸法と質量
icon-qcans-ingot
アルミ缶 2回圧縮したとき
W540(手前) × W500(奥) × D300 × H126 mm
質量:約5.2kg
スチール缶 1回圧縮したとき
W540(手前) × W500(奥) × D300 × H126 mm
質量:約8kg
一斗缶 2回圧縮したとき
W540(手前) × W500(奥) × D300 × H60 mm
質量:約8kg
ペットボトル 5回圧縮したとき
W540(手前) × W500(奥) × D300 × H350 mm
質量:約12kg
ビニール類 6回圧縮したとき
W540(手前) × W500(奥) × D300 × H450 mm
質量:約24kg
本体外寸 W855 × D934 × H2180 mm
投入口寸法 W540(手前) × W500(奥) × D300 mm
圧縮室内寸法 W540(手前) × W300(奥) × D300 × H799 mm
ひも掛け本数 PPロープ × 3本掛け
電源 三相200V・2.2kw
電源ケーブル 4mコード および コンセント(4P20A)
本体重量 約730kg
保証期間 1年
備考 容器のキャップは外して圧縮して下さい。
スプレー缶は穴を空けてから圧縮して下さい。
空き缶とペットボトル、アルミ缶とスチール缶など違う材質を混ぜて圧縮しないで下さい。
付属品:バール、引出棒、紐(ひも)3本

電源プラグの形状についてはこちらをご覧ください

関連商品

アルミ缶とスチール缶の自動選別機です。

お問い合わせ・お見積り依頼をする


←カンプレッサーシリーズ一覧

© 2015-2019 アイニチ株式会社