中身入り飲料缶を圧縮!空き缶つぶし機・圧縮機の紹介

製造工程での不良品、賞味・消費期限切れなど、さまざまな理由で”中身入り飲料缶”が大量に排出されることがあります。

この大量の飲料缶を空き缶つぶし機で圧縮したいと思っても、普通のプレス機では、中身が残っている飲料缶の圧縮に対応していません。

だからといって、一つ一つ手作業で中身を捨て、空き缶つぶし機で圧縮していくと、膨大な手間と時間がかかってしまいます。

そんなときにオススメなのが、中身入り缶にも対応した「ジャイアント-60」です。

中身入り缶圧縮
中身入り缶圧縮機「ジャイアント-60」の商品ページはこちら

ジャイアント-60を使用すれば、まだ、飲み物が残っている飲料缶(135~1000mlまで)をそのまま、未開封の状態で1缶ずつ平つぶしできます。

処理能力は、アルミ缶350mlの場合「1時間に12000個」、アルミ缶500mlの場合「1時間に8000個」です。

飲料缶を圧縮をすれば、そのまま捨てるときに比べて、大幅に減容(容積を小さくすること)することが可能です。

保管スペースを小さくできたり、トラック1回で運べる缶の量が増やせるため、限られた土地の有効活用や輸送コスト(交通費)の削減に繋がります。

関連記事

© 2015-2019 アイニチ株式会社