なぜ、缶コーヒーは開ける前に「よく振る」タイプと「振らない」タイプがあるの?

can-coffee-shake-main

皆さん、缶コーヒーは飲みますか?

私は、自動販売機やコンビニで「缶コーヒー」をよく購入して、飲んでいます。

最近、缶コーヒーを開けるときに、少し気になったことがありまして・・・。

それは、缶コーヒーによって、「よく振ってください」とか、「振らないでください」とか、注意書きがバラバラなことです。

なぜ、同じ缶コーヒーなのに、このような違いがあるのでしょうか?

もしかして、メーカーや缶の形状によって決まっていたりするのでしょうか?

ん~・・・やっぱり、気になる・・・ということで調査をしてみました。

空き缶の材質が違う

どうやら、空き缶を「振るか」「振らないか」は、”材質が違うから”だそうです。

先に答えを言うと、スチール缶には「よく振ってください」、アルミ缶には「振らないでください」と表記されています。

スチール缶を開ける前に”よく振る”理由

特に、ミルク・砂糖入りの缶コーヒーは、時間の経過とともに、成分が沈殿・分離することがあります。

開ける前に、よく振ることで、味にムラがでるのを防ぎます。

アルミ缶を開ける前は”振らない”理由

味にムラがでるのを防ぐ。

それなら、「アルミ缶も振ったほうがいいのでは?」と思うのですが、”アルミ缶”を振ってしまうと、コーヒーが噴き出す可能性があります。

実は、アルミ缶の原材料であるアルミニウムは、スチール(鉄)と比べて”柔らかい”特徴があります。

だから、アルミ缶は、窒素を充填して強度を保っています。(缶コーヒーの場合は、おいしさを保つという意味でも窒素が充填されています。)

まとめ

アルミ缶は、スチール缶と比べて強度が劣る。

アルミ缶は、強度を保つために、窒素が充填されている。

アルミ缶を振ってしまうと、窒素とともに、コーヒーが噴き出す可能性がある。

関連記事

© 2015-2019 アイニチ株式会社