コンプレッサーとは?用途・種類まとめ

canpax-cpt-20c-main

当Webサイト(ゴッドママ)で提供している製品に『カンパックス CPT-20C 空圧式足踏みプレス機』があります。

こちらの製品は、電力を一切使わず、コンプレッサーの圧力だけを使って、空き缶(一号缶、一斗缶、ペール缶)をつぶします。

では、この”コンプレッサー”とは、一体どのようなものでしょうか?

コンプレッサーとは

コンプレッサー(compressor)を英語に訳すと、圧縮機[器]です。具体的には、気体(空気)を圧縮して圧力を高める機械になります。

用途

コンプレッサーの用途は多岐にわたり、家庭から産業・医療まで様々な場面で活躍しています。

例えば・・・

  • 車、バイク、自転車のタイヤに空気を入れる
  • エアコン、家電、産業機器の掃除(ほこりの吹き飛ばし)
  • ネジ、ナットの取り外し
  • エアコンの冷暖房機能
  • エアーブラシ塗装 など

種類

コンプレッサーには、さまざまな種類があり、圧縮原理の違いにより、大きく2つに分類できます。

  • ターボ形:遠心力の運動エネルギーにより圧力を上昇させる方法
  • 容積形:ピストンで容積を変化させて圧力を上昇させる方法

さらに、ターボ形は「遠心式」と「軸流式」
容積形は「往復式(レシプロ式)」「斜坂式」「ダイアフラム式」「ツインスクリュー式」などに分類できます。

圧力(MPa)

コンプレッサーの仕様を見ていると、”MPa(メガパスカル)”という単位が登場します。

これは、圧力を表す単位であり、1平方メートルに1ニュートンの力が作用するとき、1Pa(パスカル)となります。なお、1MPaは、1 × 106Paです。

また、気圧の圧力を「大気圧」といい、海面上の大気圧は、101325Pa(=0.101325MPa)となります。

カンパックス CPT-20Cで一斗缶をつぶすときの圧力について

カンパックス CPT-20Cで”一斗缶”を圧縮するときに必要な圧力は、0.49~0.98MPaです。

次の写真を見れば分かる通り、コンプレッサーの能力(圧力)が大きいほど、一斗缶をより小さくつぶせます。

meiji-canpax-description10

関連記事

© 2015-2019 アイニチ株式会社