(株)明治機械製作所様で「カンパックス CPT-20C」の商品説明を聞いてきました

こんにちは、スタッフTです。

先日、株式会社明治機械製作所様の大阪支店に訪問し、『カンパックス CPT-20C』の商品説明を聞いてきました。

社内スタッフが集めた一斗缶を圧縮しましたので、その様子をご紹介していきます。

カンパックス CPT-20Cとは
コンプレッサー(圧縮機)を用いて、大きい空き缶(一斗缶、一号缶、ペール缶)をつぶす”空圧式の空き缶つぶし機”です。

コンプレッサーで動くので、火気厳禁で電源のない場所でも使用できます。

こちらがカンパックス CPT-20Cです。

カンパックス CPT-20C

カンパックス CPT-20Cで「一斗缶」を圧縮する

まずは、「カンパックス CPT-20C」と「コンプレッサー」を接続します。コンプレッサーの圧力は、0.49MPa以上(推奨0.78MPa以上)あればOKです。

コンプレッサー

ペダル

こちらの一斗缶を圧縮していきます。※あらかじめ、蓋(ふた)は、外しましょう。

一斗缶

一斗缶を横向きに投入します。

一斗缶を投入

扉をきっちり閉めます。※扉が開いている間は、安全装置の働きにより、動作しないようになっています。

扉を閉める

ペダルを踏むと、カンパックス CPT-20C内部の”プレス板”がせり上がり、一斗缶の圧縮が始まります。圧縮時の音は静かです。

ペダルを踏む

一斗缶の圧縮が完了しました。

一斗缶の圧縮後

取り出すと、こんなに、平べったくなっていました。

一斗缶が平べったくなった

一斗缶を圧縮している動画

コンプレッサーの圧力を上げて、一斗缶を圧縮してみました

「コンプレッサーの圧力を上げたら、どのような変化があるのか」という疑問が出てきたので、圧力”0.98MPa”と”0.49MPa”を比較してみました。

左が0.98MPa、右が0.49MPaです。その差は一目瞭然。コンプレッサーの圧力を上げたほうが、薄くなります。

コンプレッサーの圧力を比較

最後に

カンパックス CPT-20Cの商品説明を丁寧にしていただいた、株式会社明治機械製作所のご担当者さま、ありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します。

今回紹介した商品

カンパックス CPT-20Cカンパックス CPT-20C

価格が安く、処理能力が高い”空気式”の空き缶つぶし機です。

参考価格:¥370,000-
対象物:一号缶(3L丸缶)、一斗缶(18L角缶)、ペール缶(20L丸缶)
処理能力:120~240本/時
電源:なし ※コンプレッサが必要となります。

関連記事

© 2015-2019 アイニチ株式会社