スチール缶のフタはアルミですが、リサイクルするときに問題ないのか?

分別ゴミ箱

スチール缶の蓋(ふた)は、手で簡単に開けれるように、やわらかい金属である”アルミニウム”が使われています。

つまり、主に飲料用スチール缶には、「スチール」と「アルミニウム」という2種類の素材で出来ています。

ふと、ここで気になるのが、スチール缶をリサイクルするとき、アルミ蓋が付いたままで大丈夫なのか?ということです。

アルミ缶とスチール缶は、異なる方法でリサイクルされるため、回収時やゴミ処理場で分別する必要があります。

だから、スチール缶にアルミニウムの素材が含まれていると、リサイクルするときに問題がありそうな気がします。実際、どうなのでしょうか?

スチールとアルミニウムは比重が違う

まず、覚えていただきたいのが、スチール(鉄の合金)とアルミニウムでは、”比重が違う”ということです。

比重とは、ある物質の質量と標準物質(通常は、1気圧、4℃の水を用いる)との比です。

例えば、水の比重1、物体Aの比重0.5、物体Bの比重2.3とします。

このとき、物体Aは水に浮き、物体Bは水に沈みます。

鉄とアルミニウムの比重は、それぞれ次のようになります。

種類 比重
7.9
アルミニウム 2.7

スチールとアルミニウムは、比重が違うので、炉に溶かした際、比重の重いスチールは沈み、比重の軽いアルミニウムは浮くので、簡単に分離できます。

分離されたアルミニウムは、アスファルト舗装などに再利用されるようです。

まとめ

スチール(鉄の合金)とアルミニウムの比重が違う。

比重が違うから、溶解したときに分離する。

関連記事

© 2015-2019 アイニチ株式会社